生理やホルモンの影響で臭いが気になる。

デリケートがニオウ

デリケートゾーンは汗やおりもの、経血に触れる上、下着で覆われて蒸れやすいため誰しも多少の臭いがあるもの。特別に、ホルモンバランスが変化する生理前は臭いが強くなる傾向があります。とはいえ、99パ線とは自分だけが気にする自己臭で、たにんにきづかれまいと、どうしても気になってしまい物。

 

デリケートゾーンの多少の臭いは当たり前と考え、神経質にならないことが大切になると思います。

 

しかし、病気を感染していると、臭いが強くなる場合があります。
たとえば、「トリコモナス菌、クラミジア、カンジタ、子宮がん、体ガン」など。

 

おりものは一般的に甘酸っぱい臭がするものですが、色や形状にも変化がある。痒みを疑う場合は、病気のサインかもしれないために、まずは注意しておきたいもの。

 

どうして臭いが起こるかというと、ホルモンの皮脂分泌が一つ関係してきます。

 

生理前に匂いを感じるのは、ホルモンお影響で皮脂の分泌量が増えるため、皮脂腺お出口が詰まって皮脂の細胞が参加し、臭いが強くなることがわかります。

 

それから、排卵期は味覚が敏感になることから、普段より気になるというkともあるために、専用の石鹸やボディーソプを使うのも気にならなくなり良いかもしれませんね。