簡単な使い方について

妊娠予防のためにトリキュラーなどのピルを服用する女性がいます。

 

しかし最近では色々な避妊薬が販売されていますが、その中でもマイルーラという避妊具があります。

 

マイルーラは女性側が使用する避妊具で、手軽に使えるのですが使用方法をきちんと守らなければ効果をきちんと発揮する事ができません。
しっかりと使用方法を覚えてから使うようにしたいですね。といっても、初めてマイルーラを耳にする人もいるかもしれません。

 

というかコンドームと何が違うの?っという考え方を持つ人もいるかもしれません。

 

そもそもマイルーラはポリオキシエチレンノニルフェニルエーテルと呼ばれる非イオン界面活性剤です。

 

 

いわゆる殺精子剤で、ごくごく薄いフィルム状になっており、それを折りたたんで膣内の奥に挿入します。

 

そうすると熱でフィルムが溶け出して殺精子剤が子宮頸部を覆うという避妊具です。

 

薬を飲む時に使うオブラートによく似ています。
使用方法で気を付けなければならない事ですが、マイルーラは水分や熱に弱いという事です。
湿気の多いところや、熱の高い場所には保存しないようにしましょう。
品質状態が悪ければ効果もじゅうぶんに発揮されない可能性もありますので気を付けてください。

 

具体的な使用方法ですが、マイルーラは乾いた手で扱う事が重要で、水分があると溶け出してしまったり手に張り付いてしまうので膣内に入れることが難しくなります。
また膣内に入れるので、感染症などを防ぐため綺麗な手で行います。
メーカーによってもマイルーラのフィルムの大きさや形には多少差があるでしょうが、大体四角形なので、それを小さく折りたたんで膣に入るサイズにします。
折りたたんだら、人差し指と中指で挟むように持って、素早く膣内の奥の方に挿入します。
できれば女性よりも指が長い男性が挿入してあげましょう。
自分で行っても良いですが、前かがみで行わなければならなくなるので初めての人は入れにくいです。
また、女性側の膣が多少濡れていないと奥まで入れるのに痛いので、セックス前に入れておきたい場合は潤滑油などで滑りを良くしておくと入れやすいでしょう。

 

マイルーラは他の避妊具と違い、後の処理やゴミが出る事もなく便利な避妊具です。
しかし慣れるまでは指の中で溶けてしまって無駄にしてしまったり、入れてから溶けたかどうか目に見えてわかる訳では無いので、これで本当に効果を発揮しているかどうか分からないといった人もいます。
ただし女性側が積極的に使える避妊具とあって、カバンの中に常備していれば安心だという女性の意見もあります。

 

ごく弱い界面活性剤ですが、体の中に直接入れる物なので使用方法や注意事項についてはきちんと調べてから使うようにしたいですね。