異性からの感染により起こってしまいます。

常に清潔感は維持すること

マイルーラを使うことで、妊娠を予防することができます。しかし、一つの問題として、パーナーからの感染やウイルスが映る可能性があります。

 

もしコンドームを使っていれば、そこまでの心配はありませんが、マイルーラやピルなど、ナマで挿入することで、感染が起こりやすいために注意。

 

感染の中で多いのが「性器ヘルペス」です。

 

性器ヘルペスは、性器やその周辺、おしり、肛門周辺などの水ぶくれ等が発症します。再発しやすく、痒みなどの不快感や、排尿や排便のたびに痛みなどに悩まされることが有ります。

 

治療は他の単純ヘルペスと同じで、抗ウイルス薬の服用が進められます。マイルーラを使っていても、抗ウイルス薬を併用しても副作用は起こらないために、心配はありません。

 

まず、炎症を悪化させないように患部や外陰部を清潔に保つことが重要。皮膚のバリア機能を壊さないようにして、常に石鹸は低刺激のものを選ぶように。泡で洗うように、受診をためらったり、パートナーに相談できずに悩む人も多いかと思いますが、まずは基本的なことをある程度は知識を得てから、常に清潔感は維持しておくこと。

 

なおかつ、ヘルペスが感染しても、早期に治療すれば、症状が拡大することはないために、そこまでの心配はないかと思います。