マイルーラを装着するだけ、殺精子作用があります。

マイルーラの効果と使い方

マイルーラは有効成分にノノキシノールを28%含まれています。こちらは、非イオン型の界面活性剤で、膣経内部に精子が侵入しても「殺精子作用」があります。

 

女性の院内で溶けることにより、マイルーラが膣壁や子宮患部に密着し、殺精子効果を発揮してくれます。一度の射精に含まれる精子の数は通常1〜4億程度と言われますが、この内子宮患部に到達する前に院内でその99%が自然に死滅するようになっています。

 

ようするに、マイルーラの効果としては、この残りの1%の精子を膣内部に侵入しないように殺静止することになり、子宮まで辿りつけないように作用するわけですね。

 

マイルーラの使い方も至って簡単で、性行為前の5分前に装着します。
トップページでも少し説明をしたのですが、マイルーラを濡れた手で触ることで、溶けてしまうおそれがあるために、パックから出すときは乾いた手(指)で外に出します。

 

膣の中に錠剤を挿入し、この時に人差し指だけで指の付け根まで錠剤を押し込みます。できるだけやさしく押す感じで、あまり手前だととれてしまうたり、溶け方が遅くなったり、違和感を感じることがあるために、できるだけ奥に突っ込むこと。